神の鑿(のみ) 寅吉・和平の世界

寅吉・和平の世界14

寅吉の動物像

狛犬は想像上の動物だが、寅吉は鶏や馬など、普通の動物も巧みに石で彫り上げている。
中でも馬は逸品で、石川町南町の煙草神社や坂本観音の馬は、見る者を唸らせる。

煙草神社の馬↑ 明治27(1894)年?


↑坂本観音の馬。手前の雌馬が寅吉の作。明治40(1907)年。
坂本観音の馬
 坂本観音の馬は、寅吉と亀之助布行が親子で1頭ずつ彫ったものだが、息子布行が彫った雄馬のほうが後に倒壊し、現在は別の石工の作が置かれている。
 寅吉が彫った雌馬はまるで生きているかのようで、夕陽に浮かぶシルエットがすばらしい↑

 墓石や灯籠に鶴、亀、龍などを配するのは寅吉お得意の手法だが、他に単体の動物像としては、鶏像(須賀川牡丹園内)などがある。

須賀川牡丹園内の鶏像。アメノウズメノミコト像の隣にある。



戻る前頁に戻る    次へ次へ

HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから