神の鑿(のみ) 寅吉・和平の世界

寅吉・和平の世界3

石都都古別神社(前ページからの続き)

 本殿まで登ってみた。
 参道にはこんな風に、巨石がごろごろしている。
参道
 いわゆる石座/磐座(いわくら)。神が宿る石。神が降りる石。まさに霊山の雰囲気が漂う。
石塔
 山頂に本殿があり、その裏に、石塔があった。見上げると、てっぺんにはなにやら生き物の顔が……。
 龍だ。龍が石塔に巻き付いている図。
 もしやこれも……?
 と思って裏に回ると、案の定……。
 沢井 石工 小林和平 と誇らしげに刻まれている。
 和平は、五重塔を依頼されても、ただの塔では気が済まないのだろう。必ず何かしてみせる。
 このときはそう思って、半ば呆れて見上げていたが、実はこの「ただでは終わらせない」という凝り性は、師匠・小松寅吉譲りであったことが後になって分かる。
 建立は昭和13年となっていた。狛犬より8年後だ。
 後で知ったことだが、この五重塔を建立後、石川町を大きな地震が襲ったが、この五重塔はびくともしなかった。
 和平は、「どうだ。俺の造るものはあの程度の地震にはびくともしない」といばっていたそうだ。
 倒れないのも凄いが、それ以前に、これだけのものを山の上に持ち上げ、立てる技術も並みではない。自動車もクレーンもない時代なのだ。

 降りてくると、入り口の狛犬を裏側から見ることができる。この図もすごい。ああ、家が邪魔だ。
裏側から
 暗くなり始めてきたので、最後に古殿八幡神社に向かおうと車を出したところ……あ! まだいる。
なんと、参道が川向こうまで続いていて、そこに別の狛犬がいたのだ。
 

しかしこの狛犬、参道入り口の狛犬に比べるとあまりにも普通だ。
大竹石材店  台座を見ると、昭和14年建立で、石工名は大竹俊吉、小林和平の連名になっている。
 先に大竹俊吉とあるので、大竹俊吉は小林和平の師匠かとも思ったのだが、だとすると年号が新しいのはおかしい。
 後になって分かったことだが、この場所は「御假屋」と呼ばれ、神様をお迎えする場所。このほんの目と鼻の先に「大竹石材店」が今もあることを、このときは見逃していた。
 つまり、大竹俊吉は台座石組み部分を担当して、狛犬は和平が彫っていたのだろう。「地元の石屋」に花を持たせて、先に名前を彫ったのかもしれない。
 後に知ったことだが、和平は、普通に蹲踞している狛犬を「こまいぬ」、参道前の狛犬のように疾駆しているものを「獅子」と呼んでいたそうだ。
「俺が造るのは獅子だ」と誇らしげに言っていたそうで、ということは、蹲踞スタイルの普通の狛犬は、依頼の時点でそのように条件を付けられていたに違いない。「俺が造るのは獅子だ」という和平にとって、「普通の狛犬」の依頼はあまり情熱を傾けられなかったということは容易に想像できる。

■Data:石都都古別神社(福島県石川郡石川町下泉296):
龍が巻き付く石の五重塔
ο建立年月・昭和13(1938)年1月1日。ο石工・小林和平。
御假屋の狛犬
ο建立年月・昭和14(1939)年1月。ο石工・大竹俊吉、小林和平
「戊亥会初老記念」
ο撮影年月日・03年1月22日。

戻る前頁に戻る    次へ次へ

HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから