謎の中国狛犬の巻




 まずは、下の写真をご覧ください。

 向かって右側のやつ

 これはなんでしょう?
 狛犬? 猫? ドラえもん?
 よく見ると鬣みたいなものも見えるし、やっぱり獅子?
 リポートしてくださったのは、朝日新聞社の穴吹史士(あなぶきふみお)特派員。こんな珍品を送っていただき、感謝。謝謝謝謝謝謝謝謝。

採取地:中国江西省廬山山麓の浄土宗発祥の地
東林寺にて。2001年11月19日。

 ……だそうです。
 一対あるので、形としては狛犬ですね。残念ながら、向かって右側の顔がかなり崩れているようで、この写真からは阿吽になっているのかどうかは不明。
 もしこれが阿吽になっているなら大発見です。なぜなら、中国の獅子はほとんどが阿吽にはなっておらず、両方同じ顔・形をしているからです。でも、両方とも少しだけ口を開いている、中国の獅子タイプに近そう。
 台座がいかにもエスニックですねえ。下の台座は明らかに後から付け足された感じ。上の台座は狛犬?と一体になっているような……。さらによーく見ると、台座が和式便器のようになっているような……。前脚の下の台座が飛び出しているというか。
 雰囲気からして、製作年代も古そうです。中国にもこんなとぼけたのがいたんですねえ。狛犬の世界は深く、かつ広い。

 ところで、来年から館主・たくきも、asahi.comでコラムを連載することになりました。タイトルは「デジタルストレス王(キング)」。ネットの話から狛犬、ギターまで。お楽しみに。
東林寺の謎狛犬

向かって左側の狛犬、もう1ショット。どうやら、口を開いていますねえ……。

(2001年年末 記)

出口(back to index)