謎のベルリン狛犬の巻




 まずは、以下の写真をご覧ください。
ベルリン日本大使館狛犬

 狛研の会報・「狛犬の杜」に掲載された「謎のベルリン日本大使館狛犬」がこれである。
 記事を読んでいないかたのために説明すると、2001年3月3日付朝日新聞夕刊に、ベルリン日本大使館が改修されたという記事が載っていた。第二次大戦中の建物を改修・増築して56年ぶりに復活させたものだとか。
 で、その写真のキャプションに「右側は大使公邸の入り口で、狛犬は戦前のままだ」とあるではないか。
 これを見つけた我らが阿由葉編集長、さっそく朝日新聞社に問い合わせ、この狛犬を見たい、知りたいと直訴。
 しかし「狛犬だけを大きく撮った写真はありませんし、専門的な詳しい情報は持ち合わせておりません」とのつれない答え。そこで引き下がる編集長ではない。次に、当のベルリン日本大使館へメールを送った。
 待つことしばし、写真と共に、待望の返事が来た。
 それがこの写真なのだ!
 大使館からの返事によれば、

>この狛犬が第二次世界大戦の前、旧大使館の建物が当時の政府によって建てられた
>時には既に飾ってあったということです。
>恐らくドイツ人の手によって制作されたものと思われますが、どのような経緯で、
>またどのようにして作られたのか、全くわかりません。
>内輪の話ですが、館員の中には、石を彫ったのではなく、コンクリートを型に流し
>込んで作ったのでは!?という見方をする者もあります。全く無知でお恥ずかしい話
>です。

 とのこと。
 下から見上げた写真を見ると、確かにコンクリートのような気もする。

拡大

 しかし、コンクリート製だったら、もっと形が崩れているようにも思う。石工が彫ったものだとしたら、なかなかの大発見。
 左右がほぼ同じ形なので、分類的には「獅子」。だが、中国の獅子ともちょっと雰囲気が違うし、言われてみればゲルマンっぽい?
 果たして現地でヨーロッパ人が彫ったものなのか? それとも国外で製作されて持ち込まれたものなのか?
 海外のドラマなどを見ていると、富豪の家の門に、こんな狛犬(?)が置かれているのが映っていることがある。欧米人のオリエント趣味なのだろうか。
 いずれにせよ、想像力をかきたてる「狛犬」ではありますね。

     (写真提供:在独日本国大使館広報文化班)
続報
 ベルリン日本大使館から、さらに返事が来たそうです。

>貴HPを見せて頂きました。あのように当館狛犬をご紹介頂き、なんだかとっても嬉
>しくなって、あの日の午後は辺りを通りかかった館員を片っ端から捕まえて、皆一
>緒に貴HPで狛犬の勉強をしてしまいました。
>ところで、最近になってあの狛犬作成者の氏名が判明致しました。ロベルト・エル
>スター(Robert Elster)という者だそうです。どのような人物で、何を元にあの狛
>犬を制作したか、その辺りは全くわかりません。貴研究会の推測通り、「ゲルマン
>系」であったというわけですね。
>私の目には何気ない飾り物のように映っていた狛犬が、阿由葉さん及び貴研究会の
>おかげで、今は由緒正しい「ゲルマン狛犬」として、なかなか立派な守り神に見え
>てきました。いつか、是非、日本参道狛犬研究会の皆様に見に来て頂きたいと思い
>ます。どうもいろいろとありがとうございました。


 ロバートさん作でしたか。やはりゲルマン狛犬(?)だったのですね。
 純粋な狛犬とは言えないかもしれませんが、建物を守護する意味合いで作られているのでしょうから、やっぱり「狛犬」の仲間でしょう。そういうことにしておきましょう。
   (2001/7/25 阿由葉編集長よりリポート)

出口(back to index)