私のお気に入り狛犬ベスト3

 ここは気分で入れ替わります。

穂見神社 吽穂見神社 阿

 ↑タヌパックのホームページ本館でも紹介しましたが、山梨県穂見神社の木製狛犬はやはり外すことができません。いろいろ見てきましたが、他にこんな狛犬は見たことがない。暖かな質感といい、可愛らしいながらも気品と威厳のある表情といい、やはりナンバー1。
 本殿は江戸初期に建築されたもので、境内中央には立派な神楽殿も。『天狗の棲む地』(たくき よしみつ・著、マガジンハウス)の山梨にある「大磐船神社」のモデルになった場所。毎年11月30日にはにぎやかに夜神楽の祭りが催されます。
■Data:穂見神社(山梨県中巨摩郡櫛形町高尾):ο建立年月・昭和14(1939)年11月。ο彫り師・不明。ο奉納者・内藤忠則。ο撮影年月日・86年11月。



弘前八幡宮参道前 吽
弘前八幡宮参道前 阿

 ↑青森県弘前市八幡宮参道前の車道脇にいる「犬顔の狛犬」。
 弘前の石工・山内三次郎の大傑作。三次郎は他にも羽黒神社(岩木町)の羽衣狛犬(?)など、ユニークな狛犬を造っている天才。他に三次郎の狛犬を知っていたらぜひ教えてください。
 東北にはユニークな狛犬がいっぱいいます。東北の狛犬は→こちらでまとめて紹介しています。

■Data:弘前八幡宮前の道(青森県弘前市):ο建立年月・明治32年8月15日。ο石工・山内三次郎。ο撮影年月日・97年7月18日。



 ↑この狛犬は、雑誌「るるぶ」の神社案内記事に小さく写っているのを見つけ、実物を見に行きました。写真では豆粒のように小さく、ほとんど形など分かりませんでしたが、シルエットが不思議だったので、もしかして変わった狛犬では? と期待していました。
 いやぁ〜〜、期待以上、想像をはるかに超えたすごい狛犬でした。
 デザインといい凝った作り込みといい大きさといい、これだけの逸品はちょっと見あたりません。狛犬文化の集大成作品と言っても過言ではないでしょう。
 拙著『ワードを捨ててエディタを使おう』(SCC)のカバーにもこの狛犬が登場しています。

■Data:八幡神社(福島県石川郡古殿町)。ο建立年・昭和7(1932)年10月15日。ο石工・石川郡沢田彫刻師小林和平。撮影年月日・99年12月18日。
  

HOMEへ 目次へ戻る
  タヌパックスタジオ本館へ飛ぶ


狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文はこちらから