日本一にこやかなキツネの親子

キツネって、険しい顔をしているのが多いんですが、この神社のキツネは親子ともどもニコニコ笑顔。癒されますね。


新しそうに見えるんですが、なんと親(大きい方)は文久年間です。
(^l^)キツネの親 文久!
子狐は明治

子狐にこにこ
■Data:松山稲荷神社(福島県須賀川市保土原): ο建立年月・大:文久2(1862)年7月。ο石工・須賀川町細工人石工嘉兵衛。
小:明治?年(読めず)、石工:読めず(他にさらに小さいキツネが壊れて一体残っていた)
ο撮影年月日・04年6月11日。
ついでに、板宮神社の文久狛犬も見るGo!

次へ次の日本一○○な狛犬へ
HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ
▲日本一○○な狛犬目次へ
狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから