狐の研究

 稲荷神社には、狛犬の代わりにキツネがいることが多いのですが、狛犬に比べると、キツネというのははっきり言えばつまらないものが多いんですね。
 でも、だからこそ個性的なキツネに出逢ったときの喜びはひとしおです。
 このコーナーでは、キツネの研究と称し、全国の神社で出逢ったキツネたちを紹介していきます。

キツネの法則1:キツネはつまらない

 狛犬の原型は獅子だと言われています。明治時代以降まで、日本人はライオンというものを見たことがありませんでした。それ故に、想像力や開き直りで、個性豊かな狛犬たちが生まれたわけです。
 しかし、キツネは昔から日本にいます。タヌキと並んで庶民にも馴染みのある当たり前の動物です。だからでしょうか、神社にいるキツネのほとんどは定型化され、面白味に欠けます。表情もどこか眉根に皺を寄せているような神経質なものが多く、好きになれません。
 ところで下の2匹のキツネ、どちらが「いいキツネ」だと思いますか?

 左は京都府久御山町・与杼(よど)神社境内にある稲荷社のキツネ。いわゆる一つの「キツネ」ですね。右は小千谷市上ノ山5丁目・梨子崎神社のキツネ。言うまでもなく、左のキツネに比べれば、こちらのほうがはるかに味があります。
 いいキツネを探すというのは、多くの大量生産型キツネ(上左)に飽き飽きしながらも、めげずに「それ以外のキツネ」を見つけるということでもあります。
こちらはどちらも個性のあるキツネ。上左:岩手県盛岡市天満宮にあるキツネ。この神社は啄木が詩に詠んだ素朴な狛犬がいることで有名ですが、隣のキツネもなかなかのもの。
上右:青森県弘前市八幡宮の土産物屋の前にいるキツネ。額が二つに割れているところに注目! いいキツネです。


次へキツネの研究(2)へ続く
 目次へ戻る
  タヌパックスタジオ本館へ飛ぶ

狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから