北栃木狛犬めぐり1

2004年2月19日。大田原市→黒羽町→馬頭町……というルートで狛犬巡りをしてきました。
大田原市については事前に山田さんからの情報を得ていたので、その分はよかったのですが、それ以外はあまり収穫がありませんでした。
しかし、ぜひ紹介したい狛犬や石造りの社殿などがありましたので、ここにリポートしておきます。


乃木神社

最初に訪れたのは三島神社でしたが、狛犬はいませんでした。
乃木神社 乃木将軍像 次に乃木将軍をまつる乃木神社へ。
ここには二対の狛犬がいました。大きいほうは籠彫りの珠を持っています。籠彫りの珠は北栃木から南福島にかけて、流行した時期があったようです。石工の技術を誇示するという目的が大きいような気がします。
乃木神社Bの吽
小さいほう(といってもそこそこ大きいのですが)の狛犬は、吽の子獅子が親の前脚に噛みついているのが可愛いですね。↓
乃木神社Bの子獅子

この吽は、鬣の彫り方も特徴的で、モンブランケーキのデコレーション風です。↓
乃木神社の吽
■Data:乃木神社
A(参道入り口):
ο建立年・紀元2600年(昭和15年)。ο石工・渡辺末吉。
B:
ο建立年・不明。ο石工・大田原倉田栄吉。
ο撮影年月日・04年2月19日。

次へ「北栃木狛犬巡り」次へ進む

HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ


狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから