狛犬史における重要な狛犬たち





狛犬のルーツはスフィンクスあたりまで遡れて、日本には宮中に中国獅子として入ってきたものが平安時代後期くらいに日本独自の「獅子・狛犬」という左右アシンメトリーな規格になったのが始まり……という概論は「100万人の狛犬講座」で述べました。
しかし、今私たちがよく目にする石造りの狛犬は、宮中や有名社寺で始まった獅子・狛犬の純粋な子孫とは言いきれません。
別の系譜があった、というのが私の考えです。
大きく分けると、

1)平安時代後期に始まった木像の獅子・狛犬(神殿狛犬、陣内狛犬)の系譜
2)神殿狛犬を石で作って商売にした越前禿型の系譜
3)「こまいぬ」というものがあるという伝聞から民間で生まれた「はじめ狛犬」
4)江戸時代になってはじめ狛犬とは別に武家社会や有名社寺で生まれた石の参道狛犬の系譜

です。
そして、この4)からさらにさまざまな「タイプ」が生まれて、地域ごとに進化していった……というのが私が現在大まかに摑んでいる「狛犬史」です。

この概要に沿って、狛犬史上、重要なポジションにいると思われる狛犬を年代順にいくつか紹介していきます。
 

教王護国寺(東寺)の木彫狛犬(9世紀前半)

教王護国寺の狛犬
(京都国立博物館「獅子・狛犬」1995 より)

宮中に定着した「獅子・狛犬」形式の木像としては最も古い時代と推定される逸品です。日本における狛犬文化はこうしたものから始まったのか、と実感できる存在として大変貴重。この時代の木像狛犬の多くは国の重要文化財指定を受けています。
 

大宝神社の木彫狛犬(12世紀末)

大宝神社の狛犬
(京都国立博物館「獅子・狛犬」1995 より)

獅子・狛犬ではなく、獅子・獅子(どちらにも角がない)というタイプが鎌倉時代に登場します。胸に鈴をつけているところなどは、獅子・狛犬の形式成立以前の中国獅子に先祖返りしたとも言えそうです。
この狛犬は「かっこいい」ということで大変な人気になり、後にコピーがたくさん出現します。日光東照宮陽明門の狛犬(獅子像)もこれを模していますし、昭和時代に入ってから護国神社などに多く建立された「岡崎古代型」のモデルにもなっています。

東大寺南大門の石獅子(1196年)

  東大寺南大門の石獅子

建久7(1196)年建立という記録があり、「日本最古の石造り狛犬」とされてきたものですが、宋(東寺の中国)の石工4人が中国から輸入した石で彫った中国獅子であり、正確には「狛犬」とは言えません。
「日本最古の~」という触れ込みから、コピーが相当作られました。護国系狛犬のモデルのひとつにもなっています。

高森神社の石獅子(1355年)

高森神社の狛犬
(京丹後市教育委員会サイトより)

年代がはっきり刻まれている石の狛犬としては最も古いものと考えられています。
背中に「文和四年己未五月七日」と刻まれていて、文和4年(1355)は南北朝時代の北朝の年号です。
大きさは30センチにも満たない小さなもので、神殿狛犬を石で彫ったという雰囲気のものですが、有名な籠(この)神社の狛犬とよく似ており、籠神社の狛犬のモデルになったのかもしれない石の獅子像が14世紀半ばに存在していたことを示す重要な作品です。

三珠町熊野神社のはじめ狛犬(1405年)


山梨県三珠熊野神社にある応永12(1405)年の日付が腹部に刻まれているはじめタイプ狛犬は、狛犬史上最もミステリアスな存在と言えるかもしれません。
この狛犬は平安時代に始まる神殿狛犬(獅子・狛犬)とも、中国獅子とも、高森神社の石獅子とも違っています。四つん這いになっており、いわゆる「はじめタイプ」狛犬のルーツとも呼べるものなので、おそらく畿内の名のある寺社とは関係なく、庶民が「こまいぬというものを奉納してみたい」と思って彫った結果こうなったのでしょう。
そうした「庶民文化としての狛犬」のルーツが江戸時代に入る200年以上前、15世紀初めにあったのであれば、実に驚くべきことです。はじめ狛犬の多くは年号が刻まれていないのですが、刻まれているものとしてはこれだけが突出して古いのです。
尾や鬣には越前禿型のような造形も見られます。しかし、越前禿型のルーツといえそうな日吉神社の狛犬(↓)は1577年ですから、それより170年以上前に作られたこの狛犬が越前禿型の真似をしたわけではありません。その逆の可能性すらあります。
江戸時代に入って石の狛犬奉納ブームが起きてからも、はじめタイプは日本各地で作られています。ですから、はじめタイプの狛犬は神殿狛犬を見たことのない村石工や庶民が作り始めた「別系統」の流れだと私は思っているのですが、今のところそのルーツに限りなく近い存在がこの狛犬です。

日吉神社の禿型狛犬(1577年)


(撮影:秋本充)

越前(福井県)では笏谷(しゃくだに)石という細工しやすい石が産出され、この笏谷石を使った比較的小型の神殿狛犬が大量に作られた時期がありました。前にカールしたおかっぱ頭と紐状の尾が特徴です。私は「越前禿(かむろ)型」と呼んでいます。
1600年代以降にかなりの数が作られて、北前船に乗って全国に売られていきました。
この越前禿型のルーツと思われる狛犬が岐阜県神戸(ごうど)町の日吉神社と下宮日吉神社にある天正5(1577)年の二対ですが、これは例外的に大きくて(全高約70cm)、造形も立派なので、後に出てくる越前狛犬とは少し趣を異にしています。石も、神社の説明では笏谷石とのことですが、私自身は確認できていません。現在置かれているものはレプリカだそうで、写真で見る限り、このレプリカは笏谷石ではないようです。
前脚に「天正五丁丑秊(1577年)五月吉日」「不破河内守光治造立」と彫られています。
一対は国の重要文化財、下宮のものも県の重要文化財指定を受けています。
不思議なのは、国の重要文化財になっている日吉神社(神戸日吉神社)の方が少しだけ大きく、阿吽ではなく、吽阿(向かって左側が吽像)の配置になっていることです。こういう場合、建立時には阿吽になっていたものが、後に何かの拍子に入れ替わって置かれているケースも多いのですが、銘の刻みかたが、神戸日吉神社(国重要文化財)のほうは吽像の左前脚外側に「天正五丁丑秊五月吉日」と日付が、阿像の右前脚外側に「不破河内守光治造立」と寄進者の名前が刻まれていて、下宮のほうはその逆に、阿像の左前脚外側に「天正五丁丑秊一」、吽像の右前脚外側に「不破河内守光治造立」と彫られています。まったく同時期に2対作られたのであれば、なぜ逆なのか……不思議です。

寄進者の不破光治は美濃国(岐阜県南部)の斎藤氏に仕えた戦国武将で、斎藤氏が滅んだ後は織田信長に仕え、信長の妹・お市と浅井長政との婚約をまとめたとも伝えられている人物です。武家社会に狛犬が登場する先駈けとも思えますが、岐阜県内に今でもはじめ狛犬を含む古い狛犬が多数残されているのは、こうしたことにも関係しているのかもしれません。ちなみに、同じ神戸町の白鳥神社には「天正六年四月吉日」と刻まれた小型(約25cm)の禿型狛犬も残されています。
さらに、愛知県の津島神社には前足の部分に「天正十六年(1588)戊子七月吉日」、胴部に「橋本宗兵衛寄進也」の銘がある狛犬があり、後の越前禿型狛犬よりはずんぐりとした作風ですが、これも笏谷石のようです。寄進者は福島正則家中の武士のようで、この頃から武家社会に狛犬奉納のブームが起き始めていたようです。
これら天正年間に武家社会で奉納され始めた笏谷石の狛犬が越前禿型のルーツだとすれば、1600年代以降に量産された越前禿型は、数を作るために工程を徐々にく簡略化した結果、あの独特の風貌が際立っていったのかもしれません。

 

籠神社の狛犬


(撮影:門野外喜雄)

これは一時期、鎌倉時代の作という説があって「国産の石造り狛犬としては最古」と言われていましたが、年号が刻まれているわけではなく、今では多くの研究者が疑義を呈しています。
数々のユニークな狛犬研究をしてきたliondogさんは、雪舟の「天橋立図」や「成相寺参詣曼荼羅」などの絵には狛犬が描かれていないので、建立はそれより後だろうという説を唱えていますが、私も同意見です。
前出の高森神社の小さな石獅子像、あるいはそれに類する作品を模して、巨大にして神社に奉納したと考えるほうが自然でしょう。時期は安土桃山か江戸初期くらいではないでしょうか。
しかし、大きさといい、どっしりとした風格といい、素晴らしい狛犬であることは間違いありません。これのコピーは多数存在します。それだけ影響力の大きかった狛犬なのです。

日光東照宮奥の院の狛犬(1641年前後)



東照宮奥の院参道の狛犬は、「東日本最古の石造り狛犬」と言われています。
家光が東照宮を今のような派手なスタイルで大造営したのは1636年で、その功績を認められて二人の忠臣、松平正綱と秋元泰朝が狛犬奉納を「許された」と記録されていますから、この狛犬が建立されたのはその数年後、1641年前後ではないか、というのが狛犬研究家・山田敏春さんの見解です。
目黒不動尊の1654年や鶴岡八幡宮の1668年よりも古く、建立年が特定できる「由緒ある狛犬」としては東日本最古かもしれません。
越前禿型狛犬で古いものは岡崎市の犬頭神社に慶長10(1605)年というものがあります。岐阜県の日吉神社にある国重要文化財指定の狛犬は天正5(1577)年とされています。越前禿型狛犬は北前船で東北方面にも運ばれていますから、1640年より古い石造狛犬が東日本に存在しているであろうことは十分に考えられます。「はじめ狛犬」も入れれば、東日本にもほぼ確実に1640年以前の石造り狛犬は存在していると思います。

東照宮奥の院の狛犬は非常に立派な造形で、何かの真似ではない、オリジナリティを感じさせます。しかし、家康の墓所を守るためのもので、一般庶民は目にすることができませんでしたから、その後の狛犬史においてもコピーがほとんど出現しませんでした。その点で、西日本で一時期「石造り最古の国産狛犬」とされていた籠神社の狛犬とはずいぶん違う運命です。
しかし、この奥の院参道の狛犬以前は、東日本(江戸以北)ではほとんど狛犬という文化が浸透していませんでしたし、武家社会でも狛犬に関心を示す殿様はいなかったでしょう。その意味では「東照宮に石でできた狛犬というものが奉納された」という情報が伝わっていっただけでも、エポックメイキングな狛犬といえるかもしれません。
出来が素晴らしかったのに真似されることがなかった孤高の狛犬として、狛犬史に残る名品です。

寄進者は松平正綱と秋元泰朝ですが、松平正綱は長沢松平家分家の松平正次の養子。長沢城は愛知県。秋元泰朝は甲斐国東部の郡内地方を治める谷村藩で山梨県。奥の院の狛犬を彫った石工が誰かは分かりませんが、中部エリア出身かもしれません。
越前禿型のルーツが岐阜で、はじめ狛犬のルーツかもしれない三珠熊野神社は山梨、奥の院の狛犬を寄進した二人の武将は愛知、山梨が拠点。岐阜、愛知、山梨といったエリアは、狛犬文化が庶民に伝播する上で重要な場所になっていたようです。
余談ですが、狛犬研究では有名な故・上杉千郷氏も岐阜県の出身で、郷里に狛犬博物館を建てました。

目黒不動尊の狛犬(1654年)

目黒不動の狛犬

東京都内で最も古いとされている石造りの狛犬がこれです。
蹲踞まではいかないですが、いわゆるはじめタイプよりははるかに進化していて、立派な造形ですね。
宮中の神殿狛犬に倣わず(石工が神殿狛犬を見たことがないので真似できない)、しかし、はじめタイプから一気に進化を遂げようとしているときの狛犬という位置づけができるかもしれません。
胸にベルト状のものが認められ、中国獅子の影響も受けているのかもしれません。いろいろな情報が少しずつ入ってきて、石工が一生懸命に立派なものを作ろうとしていた様子がうかがえます。

鶴岡八幡宮の狛犬(1668年)


(撮影:小林繁男)

鎌倉鶴岡八幡宮には、寛文8年(1668年)と刻まれた狛犬がいます。目黒不動尊の狛犬より少しだけ後の建立ですが、これは完全に蹲踞スタイルで、もはやはじめタイプとは言えません。なんとなく見過ごせば「普通の狛犬」だと思ってしまうでしょう。それくらい立派に進化しています。
よく見ると、越前禿型の特徴が少し見られたりもしますが、尾は団扇型で完全に越前型とは違います。
この狛犬も、はじめタイプと後の蹲踞型の参道狛犬との間くらいに位置する、貴重な狛犬と言えます。
 

小野照崎神社の狛犬(1764年)

小野照先神社の狛犬

江戸タイプの狛犬の特徴は流れるような鬣と尾ですが、最初からそうだったわけではありません。
初期の頃は尾が立っていましたし、鬣も流麗さはありませんでした。
それが次第に美しさを追求するようになり、畿内とはまったく違う江戸タイプができあがっていくのですが、その先駈けとも言えるのが小野照崎神社の狛犬です。この狛犬あたりから、尾が横に流れるようになったようです。
もうひとつ、江戸時代には宝珠型というタイプも流行りました。狛犬に角があるのに獅子には何もないのは寂しいと思ったのでしょうか、獅子の頭に宝珠をのせた狛犬が登場します。これもまた、小野照崎神社の狛犬に見られる特徴です。
ところが、これにはさらにエピソードがあり、どういうわけか、その後、1794年に出版された職人たちのイラスト見本帳とも言える『諸職画鑑』に、角と宝珠を逆にした絵が掲載されたことで、阿像が角、吽像が宝珠という「間違った」狛犬がいくつも造られてしまいます。
その角と宝珠を逆にした「間違い実例」の一つが筑土神社の狛犬(1780年)で、『諸職画鑑』の狛犬図を描いた作者は筑土神社の狛犬を見て間違えたのかもしれません。
というわけで、小野照崎神社の狛犬(阿像に宝珠をのせ、尾をたなびかせて背中にくっつけた)⇒筑土神社の狛犬(角と宝珠の位置を間違えた)⇒諸職画鑑(間違いを広めるきっかけを作ってしまった)……という興味深い流れが読み取れます。

筑土神社の狛犬吽像には宝珠がのっている(1780年)


『諸職画鑑』(1794年)はその間違いを広める元になった


このように、狛犬の歴史にはまだまだ謎が多いのです。謎を解明していくためのヒントになりそうな重要な狛犬をいくつか紹介してみました。
これからも狛犬史を変えるような発見があるかもしれません。
狛犬趣味は本当に奥が深く、飽きることがありませんね。

(2015/10/03 記 たくき よしみつ 2016/02/07 updated)

狛犬ネット売店 開店
『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです
Home