円丈師匠 狛犬を奉納! 速報(2)

これが円丈狛犬だ!


あ  ついにお目見え、円丈落語狛犬。実は、つい半月前の狛研例会のとき、まだ1体の半分しか出来上がっていなかったという。そのために円丈師匠、極度の精神不安定状態に陥り、苦しい日々を送っていたそうだ。まず、これが「唖」。耳が丸耳ですね。

ん こちらが「吽」。困った顔をしていますね。なにが不満なんでしょう、この狛犬は。どちらも台座は座布団。前に扇子と茶托が置いてあるという、狛犬史上初の「落語狛犬」仕様。彫り師は真鶴の石工・八柳伸五郎氏。
台座の銘 台座には長い長い碑文が刻まれている。「落語狛犬繁栄祈願」と始まる長い碑文もまたユニーク。円丈師匠の伯父である書道家・大角凡徹氏の筆によるものだそうだ。
尾 阿吽ともに、尾は「扇子尾」。扇尾というのはもともとあるのだが、これはあからさまな扇子の形をしている。落語狛犬だからね。

次へ次へ


HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから